加藤内科クリニック/岐阜市の内科
〒500-8065
岐阜市金屋町1-18
TEL:058-262-0556

当院のご案内 | 岐阜市 内科、循環器科の加藤内科クリニックでは、AGA(プロペシア)、バイアグラ、プラセンタなどの治療にも対応しております

【SNS始めました。】
Instagram, LINE@, アメブロ始めました。
下のQRコード、
もしくはこちらから登録してくださいね。
美容・健康情報、おとくな情報もお伝えしていきます。



当院のご案内

診療受付時間

        最新
 

土曜日の診療時間は8:00から12:00までです。

火曜日と金曜日は20:00まで診療しております。

※初診の方は、診察終了の30分前までには来院ください。

※都合により変更になる場合がございます。


【休診日】

木曜日午後・土曜日午後・日曜日・祝日

上記の他、お盆・年末年始の休診日があります。
ただし急病などの時には時間外、休日でもご連絡ください。


 

当院で行える治療

プロペシア ・ ザガーロ (デュタステリド)

プロペシア(フィナステリド)、ザガーロ (デュタステリド)は男性ホルモンのアンバランスによって生じる脱毛症・薄毛の内服治療薬(飲むお薬)です。
通常効果がみられるまでには約6ヶ月から12か月の服用が目安となります。
当院では、万有製薬(MSD)正規品のプロペシア(院内処方)およびファイザー製薬からのジェネリック(後発品)を予約不要で提供しています。


※詳しくはこちら

【料金】

  デュタステリド(
ザガーロの後発品・ジェネリック):30日分
  6,600円(税込) / 30日分:(診察料, 処方料, 薬代含む)


プロペシア(先発品):28日分                    
8,530円(税込):(診察料, 処方料, 薬代含む)

7,710円(税込) / 28日分当院に保険診療で定期通院中の方


フィナステリド(プロペシアの後発品・ジェネリック):28日分  
7,080円(税込):(診察料, 処方料, 薬代含む)

6,690円(税込) / 28日分当院に保険診療で定期通院中の方


※念のため健康保険証を御持参ください。

※会社での健康診断結果などがある方は、ご持参ください。

※出来るだけ待ち時間を短縮していただけるように優先的に案内させていただいています。
   初診時や保険併用の方は通常通りとなります。

プラセンタ注射

プラセンタは人胎盤より抽出した医療用医薬品です。
胎盤には5000種以上の高純度の栄養素エキスが蓄えられている驚異の臓器です。
プラセンタ投与で、美肌効果、美白効果、更年期障害の改善、生理痛、生理不順、肩こりの改善、アトピー・喘息・花粉症などアレルギー症状の改善、疲労回復、 アンチエイジング効果などが報告されています。中国では古くから滋養強壮、不老長寿の薬として利用されてきました。

【自費プラセンタ料金】
初診料、再診料なし注射手技料 注射薬代を含む
プラセンタ注射1本   1,100円  筋肉注射(税込)
プラセンタ注射2本   2,200円   筋肉注射(税込)

プラセンタ回数券(2本×6回分)  9,680円(税込)
プラセンタ注射2本   1,610円相当  筋肉注射(税込)

筋肉注射(税込、保険適応外)継続的に使用していただく為に特別料金の設定となっています。

※詳しくはこちら

美白注射(自費診療)

【ビタミンC】

ビタミンCには、体の中でコラーゲンを作る働きや、コラーゲンを維持、メラニンの産生を抑制する働きがあり、美白効果、美肌効果も期待できます。
肌のくすみ、シミ、肝斑、肌の衰え、ハリ、シワ、にきびなどにも効果的です。
さらに、鉄分の吸収をサポートしますから、どうしても貧血に陥りがちな女性からすると、とても心強いビタミンになります。
また、風邪を引いた場合などでも、このビタミンCをたくさん摂取していくことによって、治りが早くなります。これは、ビタミンCが体の中の免疫機能を活発にしてくれるからなのです。

【費 用】
★美白注射:ビタミンC 100mg                   1,980円(税込、保険適応外)

         →値下げしました!

★ピュアホワイト点滴:ビタミンC 1,000mg       3,850円(税込、保険適応外)
          →以前の、スーパー美白点滴と同じ濃度です。値下げしました!

★リッチホワイト点滴:ビタミンC 2,000mg       5,500円(税込、保険適応外)

   →以前の、スーパー美白点滴の2倍の濃度です。新メニューです!

にんにく注射

慢性疲労、病後の食欲不振、夏バテなどに効果的です。そのほかにも、二日酔い、肩こりや腰痛、冷え症、風邪をひきやすい方にもお勧めいたします。
週に2回から3回程度が効果的です。

【費 用】
静脈注射 ビタミンB1(50mg) 1アンプル 1,570円(税込)初診料、再診料なし 注射手技料  注射薬代を含む


 

スーパーにんにく注射
 

にんにく注射を強化した注射です。疲労回復ビタミンの、B1が通常のニンニク注射の2倍含まれ、B6, 12(白髪予防)に加え、ビタミンCを100mg含有しています。

【費 用】
静脈注射 ビタミンB1(100mg) 1アンプル 2,750円(税込)
初診料、再診料なし 注射手技料  注射薬代を含む



やせ薬の漢方薬(保険使えます)

食事制限、運動療法してもなかなか痩せれない時に併用していただくと効果がでます。
数多くのかたより、服薬してほんとうに良かった、もっと早く服用すれば良かったとのお言葉を頂いています。
保険証持参願います。

シアリス・レビトラ・バイアグラ

当院ではED薬のお取り扱いがございます。
お気軽にご相談ください。


※詳しくはこちら

高血圧

肩がこる、頭痛、動悸、顔や体がほてる、不眠などの症状が最近ありませんか?
高血圧が原因のことがあります。高血圧であっても症状が殆どないこともあります。
日ごろから、血圧を家庭で測定することが大切です。
血圧計がない時は、血圧計の置いてある所(銀行、薬局、会社、フィットネスジム等)で機会がある毎に血圧を測定してみることが必要です。
血圧は最高血圧140最低血圧90をいずれかが超えていれば高血圧となります。
高血圧の時は塩分制限が必要となります。塩分の多いもの(漬物、つくだ煮、味噌汁、ラーメン汁、梅干し、醤油等)を極力控えることです。
肥満があれば、体重減少が必要となります。食事療法、運動療法をしても高血圧が持続すれば降圧剤の服用が必要となります。
高血圧が持続すると血管の動脈硬化が進行し心筋梗塞、狭心症、脳梗塞等を起こす危険が出てきます。高血圧を治療することは動脈硬化を予防することになります。降圧剤は動脈予防薬として持続して服用することが長生きの秘訣です。薬を服用すれば血圧は下がりますが、中止すると、また血圧は上昇します。根気よく服用するのがコツです。

甲状腺

最近動悸がする、食欲はあるが体重減少してきた、汗をよくかくようになった、手が震える、イライラする、または食べていないのに体重が増加している。手足がむくむ、気力がなくなった、抜け毛が多い、声がかすれる、寒さに弱くなった、これらのなかであてはまる症状がありませんか?
甲状腺の働きが異常な時にこのような症状が出やすくなります。
甲状腺の機能が活発な症状はバセドウ病(甲状腺機能亢進症)、機能が低下しているときは橋本病が考えられます。
咽頭部の症状ではじまる亜急性甲状腺炎は感冒と間違えられやすく診断がつくまで時間がかかることがあります。

糖尿病

最近のどが渇く、水分を多く摂るようになった、トイレが近くなる、尿の臭いが気になる、できものが出来易い、体重が増えた、体重が減った、視力が落ちた、手足がしびれた感じがする、体がだるい。この様な症状はありませんか?糖尿病の時はこの様な症状が出やすくなります。糖尿病とは血液の中の糖分が異常に増加した状態(高血糖)が長く続くことです。
高血糖の症状では尿に糖が出てきます。
どうして高血糖になるのでしょうか?血糖は胃の後方にある膵臓より出るインスリンというホルモンにより調節されています。インスリンの分泌が不足したり、肥満の為にインスリンの絶対量が不足すると糖分の処理が出来なくなり高血糖となります。糖尿病(高血糖)の状態が長く持続すると、目の網膜、腎臓、神経に負担がかかり、失明したり、腎不全のため人工透析を施行することになったり、神経障害による手足のしびれ、勃起障害が起こります。また高血糖により血管の動脈硬化が進行し、脳梗塞、心筋梗塞、狭心症等の合併症が起こり易くなる為に、糖尿病を早めに治療する必要があります。

心臓病

動悸(ドキドキする)、脈が飛ぶ感じがする。呼吸困難(階段登る時)がある、胸が圧迫されてる感じがする時は心臓病の可能性があります。また肩こり、歯の痛み、胸やけがすることがあるなども心臓病による症状の一部のことがありますので、早めの受診が必要です。心筋梗塞、狭心症、不整脈、心不全を放置すれば生命にかかわることがあります。

不眠症

不眠を起こす原因には種々の病気がひそんでいる可能性があります。早めの受診が必要となります。
喘息、心臓病、睡眠時無呼吸症候群、逆流性食道炎、胃潰瘍、甲状腺機能亢進症、アトピー性皮膚炎、うつ病の時にはそれぞれの病気に対する治療がまず必要です。
不眠改善方法として、
① 規則正しい生活をする。寝る時刻をできるだけ同じとする(体内時計を正しくリセットする。)
② 寝る1時間前には、興奮したり、神経を高ぶらせるテレビ、読書、激しい運動などを避ける。
③ 日中の適度な運動は効果的です。
④ カフェイン含有の飲み物(コーヒー、紅茶、緑茶)は夕食以後は摂取しない。
⑤ 喫煙すると神経が興奮しやすくなるので寝る前は避ける。
⑥ 寝る前にはリラックスをして、楽しいことのみをする。
⑦ 就寝1時間前に入浴する。

骨粗しょう症

骨の密度が低下する骨粗しょう症は、早目の治療が効果的です。若いときと較べて身長が2cm以上縮んだ、腰痛、足の痺れなどが出てきたら骨粗しょう症を疑って骨密度を測ってみましょう。当院で、簡単に測定できます。